迷心

なぜ生きているのか?なにを求めているのか?どこへ向っているのか?

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.08.15 Saturday

あとがき


 1995年21才のとき、私は突然ノートに言葉を書き留めました。それからというもの、電車の中も駅のホームもアルバイトの休憩時間もベッドの中も、ノートはいつも一緒でした。ノートが手元にないときは、メモ用紙やチラシの裏。紙とペンのない生活は考えられませんでした。行き場のない思いをノートに書き留めることで、生きる力を取り戻そうとしたのかもしれません。

 ここに記載した言葉は、1995年〜2007年の間に、ノートやメモ用紙に書き留めた中から言葉を抜き取り、できる限り年代順に並べたものです。どのような方がどのような感想を持つのか、興味深いことではありますが、それ以前にこの作品は、過去の私自身が求めていたものと言えます。そしてこの作品の言葉はすべて、その時々の心の声であり、その時々の私自身です。取繕うことなくありのままの言葉で表現することを目的としたため、読みにくい箇所があることをご了承いただきたいこと、そして、不快な思いをされる方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫び致します。

 私は23才のときに精神科に行き外傷性精神障害(アダルトチルドレン)と診断されました。カウンセリングと薬物治療を受けるために通院。今でも薬と共に生活しています。ここでどうしても伝えたいことは、今現在なんらかの問題を抱えている人がいれば、その問題を先に解決してほしいということです。行き詰まっている場合には、専門機関に相談することも一つの方法であると私は思っています。次の更新で、私自身がわからないなりに調べた相談窓口を紹介しますので、必要な方がいらしたら参考にしてください。

 最後に、今現在の私には、行き場のない言葉を書き留める習慣はありません。思いは全て行き場があると考えるからです。行き場のない言葉を自分の中に閉じ込めるのではなく、誰かに伝えたい思いを、誰かに伝えるために、これからも書くことを続けていきたいと思っています。そして、世界中すべての人の、健康と幸せを、心より願っております。


                                                                         2007.10.2

                ※ このあとがきは過去の原稿をブログ用に手直ししたものです。今現在のあとがきも、後に更新する予定です。







2009.08.17 Monday

専門機関・相談窓口紹介



NHKオンライン ハートをつなごう
http://www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/
http://www.nhk.or.jp/heart-net/topics/link.html#link15



日本いのちの電話連盟
http://www.find-j.jp/



東京都ひきこもりサポートネット
http://www.hikikomori-tokyo.jp/index.php



ひきこもり情報 NHK福祉ネットワーク
http://www.nhk.or.jp/fnet/hikikomori/index.html
http://www.nhk.or.jp/fnet/hikikomori/kikan/index.html#01



文部科学省 24時間いじめ相談ダイヤル
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/02/07020919.htm



NHKオンライン 虹色 LGBT特設サイト
http://www.nhk.or.jp/heart-net/lgbt/



特定非営利活動法人アスク(ASK・アルコール薬物問題全国市民協会)
http://www.ask.or.jp/index.html
http://www.ask.or.jp/askaction.html



借金相談ボランティア
http://www.toratac.gr.jp/sara/



社団法人日本精神神経科診療所協会
http://www.japc.or.jp/
http://www.japc.or.jp/link.html



社団法人日本精神科病院協会
http://www.nisseikyo.or.jp/index.html



日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/
http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html





※ 注意 ※

ここに記載した機関が信頼できるかどうか私自身は調査しておらず、
パソコンに向かい思い当たる分野の専門機関を調べただけにすぎません。

ですので、あくまでも参考としての提示になります。
調査せずに提示することをお詫びし、ご自身の判断をお願いしたいと思います。







2009.08.22 Saturday

ありがとうございました


このサイトを覗きにきてくれた方、

迷心を読んでくださった方、

コメントをくださった方、

メッセージをくださった方、

maru39にお付き合いいただき、

ありがとうございました。


元々は原稿として出版社に送ったものですが、

とてもまとまりのないもので、

とはいえ、わたしの人生まとまりないからと、

このままの状態で紹介させていただきました。


インターネットを利用することに抵抗があったわたくしですが、

実際やってみたことで新たな思いを感じることができました。


すべて過去の言葉だったため新鮮な気持ちで更新できたこと、

コメントを頂いて改めて考えさせられたこと、

読んでくださる方がいる喜び、

それに対する責任感、

そんなこと全てが新たなわたしを増築してくれました。


今後、また何かやるかもしれないし、やらないかもしれない。

やりたいことはあるけれど、やれるかどうかはまだわかりません。

もしも何かするときには、こちらのブログで告知したいと思っています。


案内がほしいという方がいらっしゃいましたら、

maru39maru39maru39@yahoo.co.jp

まで、お気軽にメールしてください。


mixiで繋がっている方々、時折のコメントとっても嬉しかったです。

どこぞからいらしたのだろう?と疑問を持つ方々、不意のコメントとても嬉しかったです。

コメントは残さなくてもずっと読んでくれていた方々、アクセス数でその存在を感じています。


謎の九助様のコメントはいつも柔らかく、わたし自身朗らかな気持ちになりました。

最後までずっとコメントをくださったSORAさん。

このブログはSORAさんと共に作ったような、そんな気さえしています。


人と繋がるということはエネルギーを必要とするけれど、

それは更なるエネルギーとなり自分を動かしてくれる。


最後まで更新ができて自分自身は満足しています。

皆様本当にありがとうございました。


これからもお元気で、よい日々を送ってください。


出逢えてよかった。

見つけてくれてありがとう。


ありがとうございました。


                                             2009.8.22        maru 39







▲top