迷心

なぜ生きているのか?なにを求めているのか?どこへ向っているのか?

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< はじめに | TOP | 【 0 】 >>

2008.11.17 Monday

OPEN


辺り一面に芝生が広がる地球くらいの部屋の中は、

青い光と白い霧に包まれ、

風もなく音もなく写真のように止まったまま。

その部屋の真ん中辺りに、

多分今君がいるその部屋くらいの無色透明な場所があって、

今僕はそこにいるんだ。


無色透明な感じってわかるかなぁ?

僕は寂しくてどうにもならないまま、

ここだけ、この場所だけ無色透明なまま時が流れて、

いったいどれだけの時が過ぎたのかさえ分からない。

それでもここは風も吹くし、風の音も聞こえる。

君が寂しくてどうにもならない時、君の声が聞こえてくる。

僕の周り一面に広がる、この外の芝生の上で、

青い光と白い霧に、どんなに包まれてしまいたかったか知れない。

今だって、今すぐにだって。

だけど、怖くてたまらない。僕の心が止まってしまうことが。
 
たとえここが無色透明でも、このまま永遠に無色透明なままであっても、
 
ここは、君の声が聞こえてくるから。


そろそろ君は僕の存在に気づくはずだよ。

その時、僕は君と会うんだ。
   
同じ場所で、同じ気持ちで、同じ時を過ごして。

その時を待っている。

無色透明なまま、ずっと。







コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://maru39.com/trackback/2

トラックバック

▲top