迷心

なぜ生きているのか?なにを求めているのか?どこへ向っているのか?

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< こんにちは | TOP | 専門機関・相談窓口紹介 >>

2009.08.15 Saturday

あとがき


 1995年21才のとき、私は突然ノートに言葉を書き留めました。それからというもの、電車の中も駅のホームもアルバイトの休憩時間もベッドの中も、ノートはいつも一緒でした。ノートが手元にないときは、メモ用紙やチラシの裏。紙とペンのない生活は考えられませんでした。行き場のない思いをノートに書き留めることで、生きる力を取り戻そうとしたのかもしれません。

 ここに記載した言葉は、1995年〜2007年の間に、ノートやメモ用紙に書き留めた中から言葉を抜き取り、できる限り年代順に並べたものです。どのような方がどのような感想を持つのか、興味深いことではありますが、それ以前にこの作品は、過去の私自身が求めていたものと言えます。そしてこの作品の言葉はすべて、その時々の心の声であり、その時々の私自身です。取繕うことなくありのままの言葉で表現することを目的としたため、読みにくい箇所があることをご了承いただきたいこと、そして、不快な思いをされる方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫び致します。

 私は23才のときに精神科に行き外傷性精神障害(アダルトチルドレン)と診断されました。カウンセリングと薬物治療を受けるために通院。今でも薬と共に生活しています。ここでどうしても伝えたいことは、今現在なんらかの問題を抱えている人がいれば、その問題を先に解決してほしいということです。行き詰まっている場合には、専門機関に相談することも一つの方法であると私は思っています。次の更新で、私自身がわからないなりに調べた相談窓口を紹介しますので、必要な方がいらしたら参考にしてください。

 最後に、今現在の私には、行き場のない言葉を書き留める習慣はありません。思いは全て行き場があると考えるからです。行き場のない言葉を自分の中に閉じ込めるのではなく、誰かに伝えたい思いを、誰かに伝えるために、これからも書くことを続けていきたいと思っています。そして、世界中すべての人の、健康と幸せを、心より願っております。


                                                                         2007.10.2

                ※ このあとがきは過去の原稿をブログ用に手直ししたものです。今現在のあとがきも、後に更新する予定です。







コメント

しっかり伝わってます

少なからず俺には


お互いに体調には気をつけましょうね。。。
2009/08/16 1:05 AM by リリィ
リリィさん

コメントありがとうございます。

一人でも伝わっていることを教えてくれる人がいれば、
わたしは嬉しく、とても幸せな気持ちです。


健康第一!体調には気をつけていきましょう!!!

ありがとう。
2009/08/16 3:38 AM by maru39
だからこんなに。。

私の心に触れて 涙がこぼれるんですね。。
2009/08/17 10:29 PM by 真美
真美さん

なにか謎が解けましたか?
どこか共通点がありましたか?

わたしの言葉が真美さんの心に触れたこと、
とても嬉しく思います。

誰かに届くって、とっても幸せなことですね。

真美さんコメントありがとうございます!
2009/08/18 5:54 PM by maru39
自分の思いを言葉に綴ることができる・・
そしてそれを人に伝えることができる・・
私にはできないことです。
吐き出し口としてでもこうして『文字』として残せることは素敵なことですね。
何だか『迷心』がなくなることは残念です・・
また、心の思いを綴ってくださいね。
楽しみにしています。
2009/09/11 11:04 AM by SORA
SORAさん

コメントありがとうございます。

そうですね、わたしも無心に言葉を綴ってきましたが、
こうして『文字』として残せたことを幸せに思います。

『迷心』が終わってホッとした気持ちと、
気が抜けて寂しい気持ちもあります。

またいつか心の思いを綴れたらと思います。
ありがとうございます。
2009/09/12 4:30 AM by maru39

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://maru39.com/trackback/221

トラックバック

▲top